借金を早く返したい!借金の返済方法を考えていくと、借金をまとめて一本化にするかそれとも債務整理をするかの二者択一がより早く借金を減らすか無くすかの方法となります。とにかく相談をすることがオススメします。

借金返したい.COM【借金返済方法】一本化か相談か☆

リヴラ総合法律事務所をご紹介する3ポイント


1.費用の分割は最大1年OK!
 依頼したいのにまとまったお金が無くてお問い合わせに
 悩んでいる方の声をよくお聞きしますが、
 私たちは、費用の支払いを最大1年分割可能としております。
 安心してご相談ください。

2.利用しやすい万全のサポート体制!
 ご相談は、土曜日、日曜日、祝日、夜間と
 24時間受付可能となっております。
 平日、昼間にお忙しい方でも安心してご利用いただけます。

3.女性スタッフ対応の安心受付
 当事務所は女性スタッフがあなたのお悩みを受付けますので、
 ご安心してメールでお問い合わせください。
  ↓↓詳細は公式サイトへ↓↓  

債権者からの提案を呑むのも返済方法の一つ

債務整理では様々な返済方法があります。
借金を滞納した場合、消費者金融などの債権者からの連絡は当然きます。
そこでは、今後の返済方法についての相談ができます。
その時に、債務者であるこちら側が、債務整理を口にして、直接交渉をするのが任意整理です。

「支払うことができないから、利息分をカットしてくれ」が任意整理の内容です。
それができない場合、債権者からの提案で、返済期間の延長や返済額の減額が提案されます。
これも一種の任意整理と言えるでしょう。

ホームページやCMで言う任意整理は、債務者にとって有利なことですが、債権者からの提案は、債権者にとって有利な任意整理といえます。
また、これで個人信用情報機関に報告が行き、ブラックリストに載る事になります、

しかし、お金を借りたのは債務者です。
そして、最初の契約で約束した利息を払わなければならない義務もあります。
それを途中で放棄して、債権者に大損をさせるのが本来の任意整理です。
仕方ないでしょ、払えないんだからというのは、債権者にしてみれば言い訳です、約束が違うことになります。

それを法的に妥協してくれ、というのですから、債権者にしてみればとんでもないことです。
ですから、債権者からの提案で、債務者は損はするけれど、返済は続けることが同意してしまうこともあるでしょう。
書類の手続きで手数料として数万円あれば、もとの通り、普通の返済に戻れます。
ブラックリストに載る、返済額も多くなりますが、一応は債権者が納得する内容になります。

債務者にとっては損なことですが、債権者にしても経営がかかっていることです。
そして、利息分の請求ができないということになると死活問題で、滞納した債務者に対して、穏やかな提案、債務者にとって損が大きいけれど負担は小さな返済方法を持ちかけてくることがあります。

それが利息制限法に引っかからないのであれば問題はないのですが、損をするのがイヤというのではあれば、債務者が債務整理の方法を考えることが必要になります。

リヴラ総合法律事務所をご紹介する3ポイント


1.費用の分割は最大1年OK!
 依頼したいのにまとまったお金が無くてお問い合わせに
 悩んでいる方の声をよくお聞きしますが、
 私たちは、費用の支払いを最大1年分割可能としております。
 安心してご相談ください。

2.利用しやすい万全のサポート体制!
 ご相談は、土曜日、日曜日、祝日、夜間と
 24時間受付可能となっております。
 平日、昼間にお忙しい方でも安心してご利用いただけます。

3.女性スタッフ対応の安心受付
 当事務所は女性スタッフがあなたのお悩みを受付けますので、
 ご安心してメールでお問い合わせください。
  ↓↓詳細は公式サイトへ↓↓